価格が安いことを売りにしている格安航空券。でも使い方を間違えると高くなってしまうことがあります。それはどんな時なのか考えてみましょう。

パソコンで航空券を購入する

価格だけに目を奪われると損をする!

LCCなどが販売している格安航空券は早期予約をすることでさらに安くなります。しかし、ここに落とし穴があることにお気付きでしょうか?早期予約をするという事は一度計画したものを変更できないという事になります。

購入価格が安い事だけに目が行きがちですが、必ずデメリットも存在します。価格が安いからといってすぐに飛びつくのは危険!何度も確認した上で格安航空券を購入する事をオススメします。

フライト日の天候が大きく影響する。

悪天候の時、空港に着陸できずに空港の上空を旋回し、着陸のタイミングを計る事があります。大手航空会社ではギリギリまで旋回し、着陸が不可能と判断した場合は他の空港に着陸します。しかし、LCCの場合は大手航空会社に比べ待機時間が短いと言えます。

それは、フライトに対して最低限必要な燃料しか積んでいないからです。目的の空港に着けない場合、他の空港に着陸したあとは自分で解決策を見つけなければいけません。自分で見つけた宿泊施設の宿泊費や移動費などの料金を自腹で払う必要があります。

『使い方を間違えると格安航空券も高くなることもあるらしいのでそうならないようにお勉強!』のまとめ

格安航空券を最大の武器としているLCC。利用者にとって魅力いっぱいのサービスと言えます。しかし、フライト時の天候によるトラブルの際、自力で解決作を見つける必要があります。

宿泊施設を探したり、宿泊施設のある場所まで移動する手段を探したり。すべて自力で解決していかなければいけません。必ずデメリットが存在するので確認した上で利用するようにしましょう。