基本的に当日買える格安航空券はありません。出発の3日前までしか予約できません。これは当日に正規チケットをキャンセルして乗り換える事例を防ぐためです。

とはいえ乗客と航空会社、そして旅行会社は知恵比べです。当日も買える格安航空券がありますよ。

航空チケットのイメージ イラスト

当日も買える格安航空券がある

何%割り引けば格安航空券になるのか。明確な定義はないでしょう。当日でも多少割り引いてくれれば、それも格安の部類に入りそうです。

なお国内線であれば、出入国審査がないので駆け込み搭乗も可能です。突然の出張などもありますからね。そのため出発の2時間前まで予約を受け付けるチケットサイトもあります。

羽田・新千歳便でも、閑散期という条件もありますが、二割引も稀ではありませんよ。なおJALの特便割引やANAの特割をご存知ですか。

これは変な言い方ですが、前日まで予約できる正規の格安航空券です。二割程度安くなることもあります。出張が多い人であれば、調べておくと格安航空券がとても重宝しますね。

宣伝>>格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】 https://www.airtrip.jp/

デメリットもありますが

飛行機のデメリットでもあります。定員が決まっています。立ち席はありません。新幹線の指定席もそうですね。そのため当日券があるか否かは、当日になってみなければわかりません。

つまり当日に空席があれば、安く売ってくれることもあります。しかしなければ仕方ありません。格安航空券に限らないでしょうが、航空券という宿命です。

これは覚悟すべきですね。新幹線を利用しましょうか。たまには電車の旅もお奨めです。

具体的な利用法は

出張がありそうだけど詳しい日程が企たない!そんな人にはJALやANAの割引チケットがお得かもしれません。とはいえ当日になれば、空いているか否かはギャンブルです。

小まめに旅行サイトをチェックしましょう。その時間を計算に入れれば、新幹線の方が早そうですけどね。

JALやANAの格安航空券であれば安心です

海外旅行をする際でも、JALやANAに乗ると安心感がありますね。日本語が通じるのも理由のひとつです。とはいえやはり日本の会社は安全への備えや心構えが違います。

格安航空券と聞けばリスクの高い怪しい航空会社!そんなイメージは、今ではありません。

夕焼け空に飛び立つ飛行機と航空券

JALやANAなら安心です

JALやANAなどの大手航空会社では、当初格安航空券を快く思っていませんでした。それはそうですね。騙された印象があったのでしょう。

時にはチェックインカウンターで露骨な態度をとられることもありました。もちろん値段と笑顔は比例しますからね。我慢です。

とはいえJALやANAも殿様商売ができなくなりました。油断すれば格安航空会社LCCに逃げられてしまうからです。例えば1998年にAIRDOが就航した際、航空業界に衝撃が走りました。

なおAIRDOは結果的に失敗しました。それでも北海道便は何故高い!問題提起になりました。そこでJALやANAも積極的に独自の格安航空券を企画しました。

それがJALの先得でありANAの旅割です。これならCAさんに睨まれることもなく、安心してジュースのおかわりができそうです。

デメリットもありますが

JALやANAの「正規」格安航空券であっても、予約便の変更はできません。これは通常の格安航空券と同じです。つまり原理は同じだからです。

もちろん国内便であれば、結果的にJALやANAで搭乗することになります。JALやANAから直接買うか、もしくは旅行代理店を経由するかの違いです。

なおチケットの種類によってマイルの積算率が異なる場合もあります。マイルを利用したい人は、事前に比較しておきましょう。

さらに先得や旅割のキャンセル料は意外と高めです。こちらも確認しておきましょう。

具体的な利用法は

格安航空券は安さがメリットです。しかし安全をないがしろにしてはいけません。JALの先得やANAの旅割は、早く予約すればするほど割引率が高くなります。

とはいえ安全や安心を割り引くことはありません。